ダーツの略語・掛け声リスト

ダーツ

はい、ダーツ大好きヒモ男のぺけです。

みなさん、

ダーツバーって行ったことありますかね?

ダーツバーなんかへ行ったりすると謎の掛け声とか略語が飛び交ったりしますよね笑

そんな、ダーツバー行き始めぐらいの人向けへ略語・掛け声リストをおいておきます。

スポンサーリンク

ダーツバーで使う用語・略語

トン

基本的に101点以上出した時のアワードLOW TONの略語、151点以上はHIGH TONと言いますがめったにでないので区別はされてないように思います。

ハット

ハットトリックの略3本ともブルに入った際のアワード

ベッド(ベット)

同じ数字のトリプルに3本とも入れること。 3 in the Bed の略

上がり目

ゼロワンで、180点以下にして次のラウンドであがれる点数

アレンジ

上がり目の際に上がりやすいような点数にアレンジすること。

例)30、32、34、などクリケットナンバーのダブルで上がれるようにしたり、50などブル一本であがれる形にする

オープン

クリケットで点数が入る状況にすること

クローズ、閉める、カット

クリケットでオープンされている数字を自分もオープンし点数が入らなくすること

安い

ブルを狙っているが外れて1桁の点数ばかりであった時などに用いる

例1.3.5に入り安すぎる!辛い!など

キャッチ

まぐれで入ること、ブルを狙っていたりしたが別のところに刺さるなどミスでもキャッチと言う

ダーツバーでよく使う掛け声

ナイスワン

ブルに一本だけ入った際やクリケットでシングル一本だけ入った際に使う。

ナイスカバー

1投目、2投目ブルを外し最後の1本でブルや高得点(20のトリプルなど)に入れた際に用いる。クリケットでも同じく3投目にクリケットナンバーに入れば使うことがある。

ナイス5/6/7~8

クリケットの際マークを付けた個数により使用する。トリプル、シングル、シングルの場合はナイス5(ファイブ)など

ナイストライ

基本的にアワードや上記にあてはまらないときや惜しくもブルを外した際に使用する

ナイスキャッチ

キャッチでクリケットナンバーなどのトリプルなどに入った際に用いる

ナイス〇〇

上記であげたアワードを出した際にナイストン(ナイトン)ナイスハット(ナイハット)などと用いる。

基本的な物はこれぐらいだと思います。

掛け声などがわかってくるとより一層ダーツが楽しくなると思いますのでみなさんもぜひ

これをみてどんどん使っていってほしいと思います。

では、よいダーツライフを

タイトルとURLをコピーしました