【手軽で安い】ダーツを趣味におすすめする理由【1人でもみんなでも】

ダーツ

こんにちは、ぺけです(@pro_strings

最近は、無趣味な人が増えているそうですが、このページに来てくれたということは、多少ダーツに興味があるのではないでしょうか?

今日は、そんなあなたにダーツ歴5年のダーツエンジョイ勢がダーツを趣味におすすめする理由おすすめしない理由を教えちゃいます。

ダーツはこんな人におすすめ!

・手軽に安く趣味を続けたい人
・一人で黙々と趣味に打ち込みたい人
・みんなでワイワイ楽しみたい人
・女性やスポーツが苦手という人
・仕事終りなど隙間時間で楽しみたい人
・メンタルを鍛えたい人
スポンサーリンク

ダーツが趣味におすすめな理由

ダーツを趣味におすすめする理由が、色んな楽しみ方があるためです。
たとえば、一人で黙々と楽しみたい人からみんなでワイワイ楽しみたい人にもダーツは合います。

そして、なにより手軽に安く始められる点です。

ダーツは手軽に安く始められる

ダーツの手軽さの1つが持ち物が少ない!
専用の靴もいらないし、服もよっぽど動きにくい服でなければ大丈夫ですし、仕事帰りにワイシャツでもできます。

必要なものは、ダーツの矢だけ。趣味としてダーツをしている人は大抵ダーツケースを持っていますが、ビジネスバッグにも充分入れられます

そして、値段もそこまでしない
競技としての面もあるので、値段はピンきりですが、初心者用ならば5000円以内で充分良いものが買えます

お金に目がくらんだ人のイラスト(女性)



プレイ代もネカフェならば、3時間で1000円など良心的な値段です。

ダーツバーだと、お酒代に1プレイ100円と少ししますが、ダーツをやりながらなので、そこまでお酒も飲まないですし、ワイワイしながらダーツをするので1プレイが長いです。
なので、私だと大体、2~3時間いた時の平均でお酒が1.2杯でプレイ代が1000円で、2000円ちょっとです。

一人でもみんなでも楽しめる

上記で、ネカフェやダーツバーの話が出ましたが、ダーツをできるところはいっぱいあります
ゲームセンターやラウンドワン、ネットカフェ、ダーツバーにダーツ用品店。

こちらも、手軽にできることの1つですが、ネットカフェやゲームセンターならば1人で黙々と練習できますし、ダーツバーだとみんなでワイワイしながら楽しめます

しかも、1人であってもネット対戦があるので、人と関わりたくない!という人でもテレビゲーム感覚で対人戦もできるのも魅力ですね。

男女差がなく誰でも上達できる

ダーツは、よくメンタルスポーツと言われます。
たった、約2.5メートル先の的に向かって矢を当てるだけなので、筋力もいりません。

なので、男女関係なく楽しめますし、スポーツが苦手という人でも上達できます
実は、私も、めちゃめちゃ運動音痴です。
野球もやっていましたが、ボールを投げるだけで笑いが起きるレベルです。

そんな、私でもダーツでは中級者~上級者と呼ばれるようなレベルですので、スポーツが苦手という人でも大丈夫!

そして、男女関係なく遊べるということで、趣味がなかった彼女も私が薦めたことで、ダーツにハマっており、3ヶ月程度(練習5回ぐらい)でダーツ普段やらない女の子には負けないぐらいの実力になっております。

仕事終りなど隙間時間に楽しめる

持ち物が少なく、ダーツができる場所も多いと言いましたが、プレイ時間もダーツは1プレイ5分~10分程でできます

なので、自分にあった時間で楽しむことができるのです。

私も平日の昼間にネカフェで練習したりするのですが、スーツ姿のお兄さんが30分~1時間だけやって帰っていくのをたまに見ます。
おそらく、仕事の空き時間でしょうか?

また、ダーツガチ勢だと上達するためには、1日5分でいいから投げろなんて言います。

それぐらい少しの時間でできるのです!

メンタル、集中力が鍛えられる

ダーツはメンタルスポーツだというお話を少ししました。

ダーツは的を狙って投げる30秒ほどめちゃめちゃ集中して、投げ終わると集中を解くというのを繰り返します。
集中には、メンタルが重要になってきます。
全然ブル(真ん中)に入らない。今日はダメだ」なんて思い出すと全く入らなくなります。
逆に無心だったり、「今日はめちゃめちゃ入る」など思っていると本当にめちゃめちゃ良い点が出たりします。

なので、自然と自分のメンタルコントロールと集中力のコントロールができるようになります
特に検証を行ったわけではないですが、私はやる気スイッチのオンオフがうまくなったような気がします。

ダーツを趣味におすすめしない理由(デメリット)

ダーツを趣味におすすめする理由もありますが、もちろんデメリット(おすすめしない理由)もあります。

常にダーツを持ち歩かなければいけない

別に強制的ではありませんが、おすすめする理由でお話しましたが、隙間時間でやることが多いです。
なので、私は常にダーツを持ち歩いています。

特に男性の方はある程度かばんが大きい人が多いと思いますが、女性の方だと小さめのバックが多いですよね。

そうなると、小さいと言ってもダーツを常に持ち運ぶのは大変だったりします
私の彼女も私と出かける時などは、ダーツをするかもということでいつもより大きめのかばんを持って出かけています。

頻繁な練習が必要

こちらも、おすすめする理由の隙間時間でできるの項で少し言いましたが、ガチ勢は毎日のように投げます。

もちろん、月に1.2回の人もいますし、それぐらいの練習量でもある程度は上達します

しかし、ある程度を超えると厳しくなってきます。ダーツは感覚的な部分が大きいスポーツですので、投げる間隔が開いてしまうと調子の良かった時の感覚がわからなくなってしまうのです。

なので、ある程度以上うまくなろうと思えば1週間に1回ぐらいは投げたいです。

私はエンジョイ勢なので、そこまでせずに楽しんでいますが、やはり少しうまくなってくるともっとうまくなりたいという気持ちが出てきますし、日が開くと前は調子良かったのに!となってさらに調子が悪くなり、ダーツが嫌になってしまうなんてことも……

タバコの臭いが嫌いな人はキツイ

ダーツをする人は喫煙者が多いです。なおかつ、バーはもちろん、ネットカフェなどでは全面喫煙可だったりします。

嫌煙家と愛煙家のイラスト

そうなると、非喫煙者にはしんどいかもしれないです。

もちろん、ネットカフェなどでも分煙されている所はあるので探してみるのも良いでしょう。

まとめ

ポイントをまとめると

ダーツを趣味におすすめする理由

・ダーツは手軽に安く始められる
・一人でもみんなでも楽しめる
・男女差がなく誰でも上達できる
・仕事終りなど隙間時間に楽しめる
・メンタル、集中力が鍛えられる
ダーツを趣味におすすめしない理由
 

・常にダーツを持ち歩かなければいけない
頻繁な練習が必要
タバコの臭いが嫌いな人はキツイ


ダーツは本当に楽しいですし、色々な楽しみ方があります。

なので、みなさん是非ダーツはじめてみませんか?

タイトルとURLをコピーしました