仕事をやめるべき人の特徴

ぺけの頭の中

みなさん、仕事できるなら辞めたいですよね?

でも、次の就職がとかお金がないとか社会的にどうなの?とかふんぎりがつかない人が多いと思います。

実際に、仕事を辞めて後悔した方もいると思います。

しかし、私は仕事を辞めてよかったなと思うので私の体験談を踏まえつつこんな人は仕事やめたほうがいいよって人の特徴を説明していきます

スポンサーリンク

仕事をやめたくて死にたい人

わたしは、本当に死にたかったです。

当時は、仕事をやめたくて死にたいではなく、仕事に行けない自分が嫌で死にたかったです。

ほんと、病気ですよ。仕事はお前の全てなのかよ。

他人に迷惑がかかる?知らねーよ。自分が死んでしまったら意味ねーよって感じですよね。

まじで、こんな人はもう潰れてますのでとりあえず病院へ行きましょう。

そして、辞めるまでいかなくても少し休憩しましょう。

仕事をやめてもお金を稼ぐ手段や保険がある

1つ目は、次の就職先が決まっているとか、貯蓄がありしばらくは生きていけるという人ですね。

そして、ここで言う保険というのは、貯蓄もそうなのですがどうしようもなくなったらこれで生きていけるというものですね。親の金でも良いですし、資格など手に職があるなどです。

私の場合は、看護師免許という保険がありました。

実際に、今もたまに、看護師として派遣で働いたりしています。

こういう方たちは、今の状況に縛られる必要がない人なので仕事が本当に嫌ならやめるべきだと思います。

ただ、ほんとにほんとに仕事にいきたくなくて死にそうだという方は生活保護という手段もあるので潰れる前に辞めましょう。

なにか新しいことをやりたい人

私は、職についていた時に学生時代塾講師をしてたことから、家庭教師や塾講師もしてみたいなとか漠然と思ってました。

そして、辞めた際に塾講師時代の知り合いなどツテなんかを使い一時期、個人で家庭教師をやっていたことがあります。

結局は、彼女に看護師として働いて欲しいと言われて復帰してまた潰れて今に至るんですが笑

しかし、仕事をしている時って忙しさに考える力がなくなっているのでやりたいなーとか思っているだけで行動もできないんですよね。

プラスで、新しいことを始めるときって勇気がすごくいりますし、本気でやらないと失敗します。

家庭教師時代は、仕事やめたこともあり必死でした。その必死さのおかげでなんとか食べれるだけの収入はありましたし充実していました。

なので、新しいことにチャレンジしたい人は、今の仕事という保険を外してお尻に火をつけて本気になるということも良いと思います。

ただし、本気になったのに失敗したという文句は受け付けません笑

人のせいにするってのは、まだまだ本気になれてないからです。

まとめ

  • 仕事が原因で死にたい
  • 他に稼げることがある
  • 次の就職がすぐに見つかる
  • お金が十分にある
  • 頼れる人がいる
  • なにか本気でやりたいことがある

さて、みなさんの特徴はあったでしょうか?

あった人は、本気で仕事をやめることを考えてみるのもいいんじゃないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました